■冷戦とクラシック  NHK出版新書 

音楽に国境線があった時代の哀しき歴史物語。
バーンスタイン、ムラヴィンスキー、カラヤン…
冷戦とともに歩み、冷戦の終結とともにこの世を去った
音楽家たちの姿から、戦後クラシック界の興亡を描き出す。


中川右介/著
NHK出版/発行 定価(940円)+税

■森と氷河と鯨 文春文庫 

アラスカに伝わる〝ワタリガラスの神話〟に惹かれて
始まった旅は、1人のインディアンとの出会いによって、
思いもよらない方向へ導かれ、遠大な帰郷の航海となる。

未完に終わった雑誌連載に、2回のシベリア取材の際の
日誌を加え1冊にまとめたものが
没後21年を経て初めての文庫化。カラー写真満載です。


星野道夫/著
文芸春秋/発行 定価(950円)+税

■文学効能事典 

小説で愉しむ「病」と「悩み」の処方箋。
『百年の孤独』、『華氏451度』、『秘密の花園』、『老人と海』
『一九八四年』、『嵐が丘』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、
『ねじまき鳥クロニクル』...

古今東西の名作文学作品が
あなたの悩みに効く「薬」になる!(かもしれない)。


エラ・バーサド/著 スーザン・エルダキン/著 
フィルムアート社/発行 定価(2000円)+税

■片づけたい 暮らしの文藝

片づけベタの苦悩、別れがたき品、掃除道具へのこだわり……
片づけには、生きかたが表れる。
古今の作家たちが綴ったエッセイ32篇。

赤瀬川原平・佐野洋子・佐藤愛子・松浦弥太郎
柴田元幸・向田邦子・内田百閒ほか

★再入荷しました★

河出書房新社/発行 定価(1600円)+税

■モンテーニュの書斎 『エセー』を読む

「私とは何か」から「人間とは何か」へ。
モンテーニュが「私」の探究を通して「人生の真実」を問うた
名著『エセー』。

思想の書にして第一級の文学作品であるその本質と魅力を、
みずみずしい名文で綴る、最良の手引きの書。


保苅瑞穂/著
講談社/発行 定価(2700円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -