■クートラスの思い出

画家ロベール・クートラスの伝記が入荷いたしました。
晩年のクートラスと同居し
遺言にしたがって作品を管理している日本人女性が書いた本です。

こんな人だそうです。

ロベール・クートラス
1930年パリ生まれ。十代から工場に勤め、その後、石工となる.
両親の反対にあいながらも仕事の傍ら作品づくりを続けた.
リヨンの美術学校を経て、28歳でパリへ戻り画廊と契約.
現代のユトリロとも評されたが、画廊の方針が合わず契約解除.
画材も買えないほどの困窮のなか、1967年頃からカルト(carte)という
手札大のカードの制作に没頭し始める.
他にグアッシュや油絵、テラコッタなど、制作物は多岐に渡る.
1985年にパリで逝去.

そして著者の 岸真理子・モリア さんは
1977年に日本の画廊のパリ支店で働くため渡仏.
クートラスと出会い晩年をともに過ごす.クートラスが
遺言で指定した“包括受遺者”.本人が売ることも散逸させること
も許さず“Reserve de parton(親方の獲り分)”と呼んだ
“リザーブ・カルト”を含め作品を保管している.
現在パリ郊外在住.

未発表デッサンを含む図版多数収録。
特別寄稿:堀江敏幸(作家)


YOMIURI ONLINE に本書と岸真里子・モリアさんの
記事が掲載されています。こちらもぜひ。

9784898153222l.jpg
クートラスの思い出 ←クリックで出版社による紹介ページへ
岸真理子・モリア/著
定価1680円(税込)/リトルモア
当店在庫あり

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -