■巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

1963年発行の “料理エッセイの元祖” が待望の文庫化。
Blog管理人もさっそく読んでみました。

戦後パリに渡った石井好子さんが語る思い出の料理のおはなし。
登場するのは、ニョッキにパエリア、キッシュ、ラタトゥイユ、などなど
今でこそ一般的ですが、48年前の日本では相当珍しかったはず・・・

『チーズバーガーというのはハンバーグステーキに
チーズの一片をのせて焼いたもので――』 なんていう
説明があるくらいですから、当時この本を読んだ人たちは
初めて聞くお料理にどんなにワクワクしただろうと思いました。

もちろん今読んでもワクワクしますし
サッパリとした語り口が素敵です。
重い小説とかは読みたくないなーという気分の時など、おすすめです。

スミレ柄のカバーもかわいい。


巴里の空の下オムレツのにおいは流れる
石井好子/著
定価662円(税込)/河出文庫
当店在庫あり


石井 好子 (イシイヨシコ)  
1922年、東京生まれ。米国留学を経て51年、フランスに渡り、
パリでシャンソン歌手としてデビュー。世界各国の舞台に出演し
帰国後は歌手、エッセイストとして活躍した。
著書『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』で
第11回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。2010年死去


プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -