■北欧紀行 古き町にて

東山魁夷の幻の画文集 「北欧紀行 古き町にて」
復刻普及版として新たに発売されました。



昭和37年の春から夏にかけての3ヶ月間に
デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドを
巡った東山魁夷が、旅のあと2年がかりで作り上げた
大型のリトグラフィ装画本は
昭和39年に限定100部で出版され、その後は幻の本となっていました。

北欧の自然や家並みを描いたリトグラフと紀行文で構成され、
巻頭には川端康成の序文「美しい地図」を収録。
活字や行間にも “昔の本”独特の雰囲気が漂います。

リトグラフは“東山魁夷”と聞いて思い浮かべる障壁画とは
かなり違って、素朴でかわいらしい作品が多いので
東山魁夷のイメージがちょっと変わるかもしれません。

すごい巨匠なのにこんなに楽しそうに描いてる!って、思いました。

でも、独特の青(緑)の色や、89ページの風景画などは
やっぱり“魁夷”。すごいです。

北欧紀行 古き町にて
東山魁夷/著 東山すみ/監修
定価3000円(税込)/講談社
当店在庫あり

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -