■茶馬古道の旅

「茶馬古道の旅」 という本が届きました。

茶馬古道(ちゃばこどう) は、中国・雲南のお茶を
チベットまで運んでいた交易の道。

標高5千メートル以上の山が連なり
長江、メコン川といった大河に阻まれる悪路を
馬のキャラバンが2、3ヶ月~半年かけて行き来してきたそうです。

この本ではお茶のルーツやプーアル茶のふるさと、
少数民族のお茶文化など、お茶と交易の歴史が
生き生きとした写真とともに紹介されています。

chaba_kodo.jpg 竹田武史/著 定価2520円(税込)/淡交社 在庫あり

断崖絶壁の道を行く馬の写真が載っているのですが
もう、見るだけで恐ろしい・・・絹より高価だったお茶を運ぶために
大変な旅がされていたんですね。

少数民族のお茶作りや瓦屋根の町並みも美しいので
ぜひご覧になってみてください。
そして月刊誌 「ナショナルジオグラフィック」 5月号でも
茶馬古道が特集されています。

実際に茶馬古道でお茶を運んでいた老人に話を聞き、
当時の写真も掲載されていますので
茶馬古道に興味を持たれた方にはこちらもおすすめです。

馬やラバが使えないルートでは
人間が自分の体重よ重い荷物を背負って運んでいたんだそうです!

49100684705080093310.jpg 定価980円(税込) 在庫あり

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -