■鎖国の地球儀 江戸の〈世界〉ものしり帖

江戸中期の人々は鎖国の窓から世界をどのように見ていたのか。

日本で最初の天文地理学者・西川如見による『華夷通商考』(1695年刊)と
それを充実させた『増補華夷通商考』(1708年刊)は、
あの南方熊楠も愛読したという世界地理風俗案内の名著。

本書はその名著を現代文に訳し、さらにわかりやすい解説と
イラストを付して甦らせた労作です。

西川如見は当時の国際貿易都市長崎にいたため、
世界の風俗や科学知識、特に天文学と地理学の最新情報を
自由に収集できました。彼の観察力の鋭さ、未知なるものへの
想像力の豊かさが満載の一冊。


松尾龍之介/著
弦書房/発行 定価(本体2300円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -