■築地居留地の料理人 宣教師マダム・ペリーの料理レシピ126

明治前期に東京・築地居留地で布教活動を
行っていたマダム・ペリー。
二人の姉妹が日常的に伝えた西洋料理レシピを
詳細に手帖に残した料理人兼従僕がいました。

嘉永3(1850)年生まれ、
信州松代藩の元サムライ、野村高治。

ご一新の時代に東京に出て、キリスト教宣教師
の街頭説教に感銘を受けて入信し、料理人兼従僕として
宣教師館に勤めた彼は、マダムからの126のレシピを
小さな手帖にまとめていたのです。

本書は、高治の孫が手帖を解読し
元新聞記者のひ孫が足跡を追ってまとめた
貴重な一冊。

レシピは「ベシャメルソース」など
今でも食卓で再現できるメニューのほか
「子牛の頭半分」「羊の腎臓4つ」「豚生まれて
3日以内のもの殺して間もなく用うべし」など
現在では想像のつかない豪快な料理も!

明治初期の築地居留地の風景や
人々の暮らしぶり、そして日本で西洋料理が
どのよう伝わり広がっていったのかも
考察できる史料的な価値もある本です。


野村高治/著 村上百合子/編著 村上隆/編著
清風堂書店/発行 定価(1700円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -