■金持ちは崖っぷちに住む 祥伝社新書 436

べらぼうな金持ちは、なぜ崖っぷちを望むのか?
高さと威厳の相関関係は?
都市と建築の関係に着目し、現地調査を重ねてきた著者が
提起する、スリリングな都市文化論です!

・文豪が過ごした崖上と、崖下の暮らし
(華族が住む崖の上で暮らした坪内逍遙と、その崖下で暮らした樋口一葉
崖の上の森鴎外・観潮楼からの眺め
崖上の永井荷風“偏奇館” ほか)

・2崖っぷちの心理と威厳(人は、人の上に人をつくり、人の下に人をつくる
視界から消える崖っぷち住宅―仰角55度韜晦の修辞 ほか)

・崖っぷちの住宅(旧グラバー住宅/長崎
風見鶏の館と北野異人館/神戸・北野
旧山邑太左衛門別邸(現・ヨドコウ迎賓館)/芦屋 ほか)

978-4-396-11436-7.jpg
小林一郎/著
発行/祥伝社 定価(本体800円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -