• 伊藤まさこさんの最新刊はいろんな「おいしい」が詰まった本です。1 おいしい旅の始まり(オオヤミノル 若山嘉代子 長野陽一)2 崎陽軒のシウマイ弁当が好き(横浜工場見学電車に揺られながら)3 おいしさと健康の関係(陳志清 大沢剛)4 本のこと、写真のこと(赤木明登 日置武晴 木村拓)5 敬愛するあの人と(河田勝彦 吉本ばなな)伊藤まさこ/著幻冬舎/発行 定価(1400円)+税... 続きを読む
  • 特集は「器と料理」。・7人の料理家の自宅から (内田真美、ワタナベマキ、桑原奈津子、大川雅子、按田優子、植松良枝、ウー・ウェン)・夏の終わりに元気が出る献立カレンダー・季節をしつらえる野村家の食卓などなど、お見逃しなく!... 続きを読む
  • きょうは新潮クレスト・ブックスの新刊をご紹介。とはいえ6月に発売されてますので、かなりタイミングが遅すぎですが、気にせず載せてしまいます!名画とともに異国に消えた謎の女。消そうとして消せなかった彼女の過去とは? 一枚の絵をめぐる哀切のラブストーリー。『愛を読むひと』として映画化もされたベストセラー小説『朗読者』で知られるドイツの作家ベルンハルト・シュリンクの新境地を、ぜひ。ベルンハルト・シュリンク... 続きを読む
  • 『シュプール』最新号、特集はニューヨークです!集英社/発行 定価(704円)+税... 続きを読む
  • 江戸中期から行方知れずとなっていた『奥の細道』の自筆草稿本の存在が1996年に公表され、書き癖から芭蕉の真蹟であることが明らかにされました。約70カ所に及ぶ貼紙に象徴される生々しい推敲跡をとどめた芭蕉自筆の本文を精細に再現、校注者による振り仮名を付して翻字を行った、新たな『奥の細道』への旅にいざなう一冊。松尾芭蕉/著上野洋三/校注 櫻井武次郎/校注岩波書店/発行 定価(970円)+税... 続きを読む
  • 突然ですが、恐竜の生痕化石と言われて、何のことだか分かりますか? 足跡や巣穴など、行動の痕跡が残された化石の事なのだそうです!他にも糞、嘔吐物、尿の化石もあるそうですよ。本書では、そんな生痕化石の世界に取りつかれた古生物学者が骨の化石からはわからない、恐竜の生態や謎、その面白さを平易に解説します。アンソニー・J・マーティン/著 野中香方子/訳文芸春秋/発行 定価(2200円)+税... 続きを読む
  • 大人気の絵本シリーズ第4弾!ひまわりの種を植える場所をさがすツピくんは空に飛び立ち、雲さんや雨さん、虹さんたちに出会い・・・今作でも0ページを縦に開く楽しさが健在です!いわいとしお/著偕成社/発行 定価(1200円)+税... 続きを読む
  • PHP研究所の「日本の企業家」シリーズ、8月の新刊です。ゼロから世界のソニーを創り上げ、数々の記憶に残る商品を産み出した天才発明家にして企業家の核心を知的創造理論で詳細に分析する一冊。一條和生/著... 続きを読む
  • 2000年に暮しの手帖社から発行された本が増補改訂版となって復刊されました。カナダ在住の著者が30年以上にわたって集めたイヌイットアートのコレクションの中から 「壁かけ」と名付けられたアップリケ作品をメインに、旧版に未収録だった「最初期の壁かけ」と「クリスマスの壁かけ」を追加収録。さらにイヌイットの人形23点も紹介されています。素朴なカラフルさに心がほっこりする手芸作品をぜひお楽しみください。  ... 続きを読む
  • ミツバチを専門とする受粉生態学者が著した花をめぐる科学と文化のすべて。『考える花』は、植物の生殖器としての花がたどった進化や花粉媒介者とのかかわりから、多様な花の栽培技術やグローバルな流通・貿易事情の歴史まで。『感じる花』は、太古の時代から続く芸術や文学の重要なモチーフとしての花の姿から、グルメや香水など人の娯楽、遺伝子研究や医療での利用まで。スティーブン・バックマン/著 片岡夏実/訳築地書館/発... 続きを読む
  • メンテナンスが必要なのはカラダだけではありませんよね。気持ちがほぐれる呼吸法、幸せホルモンを増やす食事など、ココロの不調を自分でケアする方法が一冊に。いくつかでも覚えておくと、いざというときに助かりそうです!心地よい暮らしをつくる会/編青春出版社/発行 定価(1300円)+税... 続きを読む
  • 東京・恵比寿の雑貨店「ファーマーズテーブル」の店主がこれまでに集めた“本当に好きなもの”をたっぷり紹介する本が届きました。「ファーマーズテーブル」といえばナチュラル系のライフスタイルショップの草分け的存在で店主の石川さんは雑誌などでも憧れの存在として登場していらっしゃいます。膨大な雑貨を見てきたであろう石川さんの選り抜きの品々、洋服のコーディネート、そしてお店の卒業生である根本きこさん、後藤由紀子さ... 続きを読む
  • 内紛の絶えない地域で民主主義を成立させる国、その名はソマリランド。クレイジージャーニー高野秀行が国際社会で国として認められていない“そこ”に潜む謎を探るべく現地へ! 講談社ノンフィクション賞受賞作です。高野秀行/著集英社/発行 定価(920円)+税... 続きを読む
  • きょうは講談社学術文庫、先月の新刊をご紹介します。人類の歴史は「探検の歴史」でもあった――自身も中央アジアをはじめ各地を踏査したシルクロード研究で著名な著者が、古代から現代に至る古今東西の探検家の足跡を網羅し発見と革新の歴史をたどるユニークな人類史。長澤和俊/著講談社/発行 定価(1450円)+税... 続きを読む
  • 没後二十余年。大岡昇平との和解。終生信頼した中村光夫。チャタレイ裁判を吉田健一と弁じ、三島由紀夫と天皇論を交した父に忍び寄る老い。初公開資料で大岡・吉田・三島ら「鉢木会」の交わりから晩年の父子の軋轢までを率直に描ききった追想録。福田逸/著文芸春秋/発行 定価(2000円)+税... 続きを読む
  • よしもとばななの文庫最新刊、入荷しております。バリで精霊の存在を感じながら育ち、物の記憶を読み取る能力を持つさやかのもとに、ある日奇妙な手紙が届いた。「庭を掘らせていただけないでしょうか」。それは左手が動かなくなった悲惨な記憶をよみがえらせ…。自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。よしもとばなな/著幻冬舎/発行 定価(650円)+税... 続きを読む
  • 翻訳家であり家庭文庫を主宰するこみやゆうさんが、子ども達に自信をもって薦められる良書絵本を集めた【おひざにおいで】シリーズの刊行がスタートしました。なんて素敵なシリーズ名なんでしょう。キュンとしてしまいます。第1弾の『まるぽちゃおまわりさん』も、第2弾の本書も『おやすみなさい おつきさま』などで知られる絵本作家マーガレット・ワイズ・ブラウンの作品、というところも絵本好きのツボをおさえてますよね。マ... 続きを読む
  • 人類の歴史は歯周病の歴史といっても過言ではない?!呪術や民間療法、床屋外科での荒療治時代を経て、入れ歯やブリッジ、麻酔が登場し治療が近代化されていくまでを、患者の視点からエピソードたっぷりに綴った“笑える歯痛の世界史”が入荷しています。ジェイムズ・ウィンブラント/著 忠平美幸/訳朝日新聞出版/発行 定価(1700円)+税... 続きを読む
  • 浄土真宗、真言宗、浄土宗、曹洞宗、日蓮宗、天台宗、臨済宗。基本の教えで、日々のお参りで…そんな違いがあったの!?知っておきたい、七大宗派のしきたり超入門。向谷匡史/著青春出版社/発行 定価(940円)+税... 続きを読む
  • 「あたし」と「あたしの人間」の、出会いから「あたし」の死までの17年と4カ月にわたる濃密な時間を、猫の視点で描いた感動的な物語。江國香織のしなやかな日本語で贈る傑作、初の文庫化。原書の素晴らしいイラストレーションも完全収録されています。ディー・レディー/著 江國香織/訳小学館/発行 定価(560円)+税... 続きを読む

根木青紅堂

営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

検索フォーム

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp