■2017年07月

■ワインがおいしいフレンチごはん

映画「かもめ食堂」の料理監修や
レシピ本『LIFE』シリーズで人気の料理家・飯島奈美さん。

新刊では、ソムリエの杉山明日香さんとの旅で出会った
フランスの郷土料理をもとに、ワインに合って、しかも
日本の食卓にも馴染むメニューを考案。
一品一品にぴったりのワインの解説付きです。


飯島奈美/料理 杉山明日香/ワイン監修
リトルモア/発行 定価(本体1700円)+税

■徳川社会の底力

底力を読み解くカギは
「仁政」「御救い」「百姓成り立ち」「中間層」。
幕藩体制を下支えした庶民の力を知る一冊です。


山崎善弘/著
柏書房/発行 定価(本体2200円)+税

■もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら

もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら―。

ツイッターで発信され、ネット上で大拡散されたあのネタが、
太宰治、三島由紀夫、夏目漱石といった文豪から、
星野源、小沢健二らミュージシャンまで、100パターンの文体に
パワーアップして書籍化されました。

読めば爆笑必至の文体模倣100連発。

2017070621133993c.jpg
神田桂一/著 菊池良/著
宝島社/発行 定価(本体980円)+税

■知らなかった、ぼくらの戦争

アメリカ出身の詩人アーサー・ビナード氏(1967年生まれ)が、
日本人の太平洋戦争体験者たちを訪ね歩き
戦争の実態と、個人が争いから生き延びる知恵を探ります。

登場する語り手は、真珠湾攻撃に参加したゼロ戦の元パイロット、
「毒ガス島」で働いた元女子学徒、
戦後GHQで働いた元事務員など、実にさまざま。
日本人以上に日本社会に詳しいビナード氏が、自身の受けた
アメリカの教育とも照らし合わせながら戦争に対する考察を深める。

日本民間放送連盟賞・2016年番組部門
[ラジオ報道番組]最優秀賞を受賞した、文化放送
「アーサー・ビナード『探しています』」を採録して
再構成した書籍です。


アーサー・ビナード/編著
小学館/発行 定価(本体1500円)+税

■アルチンボルド アートコレクション

国立西洋美術館で「アルチンボルド展」が
開催中ということで、画集が入荷しております。
さらに、『芸術新潮7月号』も
アルチンボルドの特集となっています。


グラフィック社/発行 定価(本体2000円)+税

■中国語と日本語で紹介する/英語と日本語で紹介する 寿司ネタの魚がわかる本

にぎり寿司の代表的なネタの魚58種を
うんちくや、寿司職人の味へのこだわりと共に紹介。
味や形がよく似たものもわかりやすく、
外国のお客様や日本料理店の方にもおすすめです。


野村祐三/著
講談社/発行 定価 〈各〉 (本体1200円)+税

■鎖国の地球儀 江戸の〈世界〉ものしり帖

江戸中期の人々は鎖国の窓から世界をどのように見ていたのか。

日本で最初の天文地理学者・西川如見による『華夷通商考』(1695年刊)と
それを充実させた『増補華夷通商考』(1708年刊)は、
あの南方熊楠も愛読したという世界地理風俗案内の名著。

本書はその名著を現代文に訳し、さらにわかりやすい解説と
イラストを付して甦らせた労作です。

西川如見は当時の国際貿易都市長崎にいたため、
世界の風俗や科学知識、特に天文学と地理学の最新情報を
自由に収集できました。彼の観察力の鋭さ、未知なるものへの
想像力の豊かさが満載の一冊。


松尾龍之介/著
弦書房/発行 定価(本体2300円)+税

■お店みたいにできる!ふわっふわのスフレパンケーキ

行列店の再現レシピからオリジナルのレシピまで、
ふわっふわのスフレパンケーキのレシピ集です。
休日のブランチや、おやつタイムにいかがですか?


South Point/著
河出書房新社/発行 定価(本体1200円)+税

■ほとんど見えない

村上春樹訳『犬の人生』で知られる、アメリカの詩人
マーク・ストランド最後の詩集です。
非常に短い寓話、冗談と皮肉、不条理な逸話など
47篇の詩作品がおさめられています。


マーク・ストランド/著 森邦夫/訳
港の人/発行 定価(本体1800円)+税

■舌鼓ところどころ/私の食物誌 中公文庫 

グルマン吉田健一の名を広く知らしめた
食べ歩きエッセイ「舌鼓ところどころ」、
全国各地の旨いものを綴り全一〇〇編を数える「私の食物誌」。

長年にわたり多くの読者を魅了した、この二大食味随筆を
一冊に合わせた決定版です!


吉田健一/著
中央公論新社/発行 定価(本体920円)+税

■中西悟堂 フクロウと雷 STANDARD BOOKS

きょうは、平凡社のSTANDARD BOOKSシリーズから
4月に発売されたこちら。

「野鳥」という言葉をつくり、
「日本野鳥の会」を創立した著者による
鳥への愛に満ちた随筆集です。


平凡社/発行 定価(本体1400円)+税

■カナダ歴史街道をゆく

きょう2017年7月1日、
カナダは建国150周年を迎えるのだそうです。

建国以来、世界中からの移民を受け入れ多民族主義を宣言し
異なるルーツの人びとが幸福に共存する道を選んできたカナダ。

テロや政治状況などで暗雲たれこめるヨーロッパやアメリカに比べ、
誰もが笑顔になれる、癒される国として注目を集め、
昨年トランプ政権が誕生することになったとき
移民を希望するアメリカ人たちが
カナダの移民登録サイトに殺到したことも話題になりました。

その広大な国土を、ジャーナリスト上原善広氏が
鉄道で踏破しました。

カナダ全土に張り巡らされた古い街道や
廃線になった線路跡などのトレイルを自転車でめぐったり、
建国の礎となった大陸横断鉄道に乗って西海岸に到達し、
先住民と共にユーコンで狩りをしたり。

歴史をたどりつつ
「今」のカナダを体感する気鋭のルポルタージュです!


上原善広/著
文芸春秋/発行 定価(本体1700円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -