■2017年06月

■人生は生きがいを探す旅 神谷美恵子の言葉

生涯をかけて「人は何のために生きているのか」を探求し続け
著書『生きがいについて』が今なお読まれ続けている神谷美恵。
写真と言葉で、その実像に迫る一冊です。


神谷美恵子/著 日野原重明/監修 昭和人物研究会/編著
三笠書房/発行 定価(本体1400円)+税

■このひと皿でパーフェクト、パワーサラダ

人気料理家・坂田阿希子さんの新刊は
野菜+たんぱく質+フルーツ+種子類+穀類を組合せて、
ご飯やパンがいらない満足感を詰め込んだ
とびきりのサラダレシピ集です!


坂田阿希子/著
文化出版局/発行 定価(本体1400円)+税

■人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉

実践的なエコロジストにして、東方の教えの伝道者でもある著者が
自然と心と共同性の三つの次元を貫くケア・サイクルを提案。
土を大切にし、魂の向きを変え、社会のシステムを転換しよう。

東方の詩と宗教、西方の変革のヴィジョンを結晶させた、
やすらぎにあふれる変容の教え。


サティシュ・クマール/著 田中万里/訳
ぷねうま舎/発行 定価(本体2300円)+税

■あかずきん

またまた植田真さんの絵本です。
言わずと知れたグリム童話が、植田さんのイラストで
繊細に、可憐に、生まれ変わりました。

おさえた色調に浮かび上がるあかずきんちゃんの可愛いこと!
ぜひぜひ実物をご覧くださいね。


グリム/原作 こわせたまみ/文 植田真/絵
フレーベル館/発行 定価(本体1280円)+税

■カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座  扶桑社新書

医療ミステリーの奇才が、モーツァルト・芥川龍之介・
ゴッホ・デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に
人体の不思議を紐解いてゆきます。

レクター博士に脳ミソを喰われても痛くないってホント?
モーツァルトの耳はヘン?
「医療商人」にダマされない方法とは?
著者が自らの臨床経験をもとに語りつくす、世にも楽しい医学講座。


久坂部羊/著
扶桑社/発行 定価(本体820円)+税

■お花たち。

花壇の白い紫陽花にうっすらブルーがでてきて
なんとも美しい!お店の中にも活けてます。

20170625210453f39.jpg 20170626214542d8f.jpg

レモンバーベナも小さな小さなお花を咲かせました。



このまえ植えたペチュニアとロータスも、モリモリ成長中!

20170625210456021.jpg 20170625205952fd9.jpg

■黒田泰蔵 白磁へ

シンプルな白磁で知られる世界的陶芸家の自伝です。
兄・黒田征太郎との幼年時代から、師・島岡達三との出会い、
そして白磁への目覚め。伊豆のアトリエや主要作品の写真も
多数所収されています。


黒田泰蔵/著
平凡社/発行 定価(本体2500円)+税

■うつわを巡る旅 ほしいものはどこにある?

塗師の赤木明登さん夫妻が、“いま使いたいもの”、
“心が動くもの”を求めて日本各地へ。
ギャラリーやうつわ屋さん、それから書店も。


赤木明登/著 赤木智子/著
講談社/発行 定価(本体1600円)+税

■中世ヨーロッパの騎士 講談社学術文庫

十字軍やテンプル騎士団の活躍から、吟遊詩人と騎士道物語の誕生、
豪壮な城、華麗な騎馬試合、さらに、『ドン・キホーテ』で
パロディ化された騎士階級が近代の中に朽ちていくまで、
中世ヨーロッパを彩った戦士たちの実像を描く一冊。


フランシス・ギース/著 椎野淳/訳
講談社/発行 定価(本体1050円)+税

■箸もてば

食べることは日々の命の賛歌。
食べ物を巡る、四季折々の恵みの出会いと喜びを、
滋味深い文章で綴ったエッセイです。


石田千/著
新講社/発行 定価(本体1700円)+税

■きみは赤ちゃん 文春文庫

35歳で初めての出産。それは試練の連続だった!
芥川賞作家の観察眼で「出産」という大事業の現実を克明に描き、
多くの共感と感動を呼んだ異色エッセイが
その後の話を大幅加筆し、待望の文庫化です!


川上未映子/著
文芸春秋/発行 定価(本体640円)+税

■わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

島本理生の最新恋愛小説、入荷しております。


島本理生/著
幻冬舎/発行 定価(本体1500円)+税

■刺し子のふきん

伝統模様だけでなく、北欧風の模様もかわいい
刺し子の作り方を写真で詳しく。
ちくちく縫った作品を布巾にするのはもったいないから、
他の使い方をしてもいいですよね。


主婦と生活社/発行 定価(本体1200円)+税

■音楽と沈黙 (1)(2)

伝説の王クレスチャン4世の苦悩、
そして官能に溺れる王妃キアステンが夢見る人生――
17世紀デンマークを舞台にした波瀾万丈の歴史ロマン大作。

デンマーク、イングランド、アイルランドと
各地をまたがる複数の物語が、絡み合う旋律となって
壮大な音楽が奏でられる。
極上の歴史小説にして恋愛小説、優美な音楽小説にして
青春小説でもある英国ベストセラーです!


ローズ・トレメイン/著 渡辺佐智江/訳
国書刊行会/発行 定価 〈各〉 (本体2200円)+税

■最後のヴァイキング ローアル・アムンセンの生涯

人類初の南極点到達を遂げた不世出の探検家アムンセン。
その語られざる全容を描く評伝が入荷いたしました。

19世紀末から20世紀初頭にかけての約30年間に
不可能と思える行動力と強靱な精神力で、
最後の秘境に挑み続けたアムンセン。

その偉業と失敗、世間の誤解と汚名、借金地獄、失踪・・・。
そして成就しない恋愛など影の部分にも光をあてて
人物像を浮き彫りにし、南極点到達のプロセスにおいては
冷静で緻密な判断と準備を整え、
それを怠りなく実行に移すひとりの人間の力強さが描かれます。


スティーブン・R・バウン/著 小林政子/訳
柏書房/発行 定価(本体3500円)+税

■岡倉天心「茶の本」をよむ  講談社学術文庫

明治の日本美術界の指導者、岡倉天心が英語で著し
1906年にアメリカで刊行した『茶の本』は、茶道のみならず
日本人の美意識を西洋に啓蒙した代表作である。

列強が世界を植民地化していく中で、天心が語る東洋の精神とは―
現代茶道の第一線を担う著者が邦訳し、解説する。


田中仙堂/著
講談社/発行 定価(本体1170円)+税

■いとの森の家 ポプラ文庫 

きょうはかわいい表紙のポプラ文庫をご紹介!

都会から小さな村に引っ越してきた加奈子は、
不思議なおばあさん・おハルさんとの出会いを通し
命について考えはじめる。
福岡・糸島の豊かな自然の中で
成長していく少女の姿が瑞々しく描かれた物語です。

第31回坪田譲治文学賞受賞作。


東直子/著
ポプラ社/発行 定価(本体620円)+税

■眺めて愛でる数式美術館 角川ソフィア文庫

E=mc2のシンプルさに感じ入り、√2(1.41421356…)の
√2乗の√2乗……が2に近づくことに驚く。

テレビでもおなじみのサイエンスライターが
美しくて奇妙な数式をあつめました。
摩訶不思議な世界にどっぷりつかってください。


竹内薫/著
KADOKAWA/発行 定価(本体880円)+税

■発達障害の本

最近入荷した発達障害関連書です。

発達障害をもつ方のための本だけではなく、
障害をもった方と一緒に働く職場の方むけの本も
増えてきています。


■フランス人この奇妙な人たち 新装版

パリ在住30年のアメリカ女性が、フランスでの滞在を楽しむカギ、
仕事をするときのコツをユーモアたっぷりに綴った
「フランス人とうまくつきあう法」。

・フランスでは、「お客様は神様」ではない
・フランス人は・めったに笑顔を見せない
・フランス人は時間にルーズ
・フランス人じゃ絶対にミスを認めない
・フランス人は運転が乱暴
・フランス人はエチケットにうるさく皮肉屋

などなど・・・
旅行者、ビジネスパーソン必読です。


ポリー・プラット/著 桜内篤子/訳
CCCメディアハウス/発行 定価(本体1800円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -