■2016年06月

■ことばあそびの歴史 日本語の迷宮への招待

言語は単なるコミュニケーションの道具ではない―。
なぞなぞ、掛詞、折句、判じ絵、回文、都々逸……
面白いことばあそびを紹介しながら、日本語という
言語の仕組みを解き明かす一冊です。


今野真二/著
河出書房新社/発行 定価(1700円)+税

■会いたかった画家

絵を見ることが好きな人へ。
絵を描くことが好きな人へ。
そしてすべてのひとへ。
画家の心に焼き付いた26人の画家への思い。

201606272107309b2.jpg
安野光雅/著
山川出版社/発行 定価(1800円)+税

■日本の色を知る 角川ソフィア文庫

化学染料を使わずに天然素材で糸や布を染め
ていた時代、日本人はどのように色と付き
合っていたのか。季節を写す色を解説しつつ、
紅花、藍、刈安などによる古法の染色法にも
ふれ、古来の色彩感覚を甦らせる。

著者の工房で染められた、十二ヶ月を象徴する
美しい布や、江戸時代の色帖などもカラー写真で
紹介されています。


吉岡幸雄/著
KADOKAWA/発行 定価(1080円)+税

■夏仕様に。

窓辺のディスプレイを模様替えしました。
タツノオトシゴが2匹隠れています。


■戦争とおはぎとグリンピース  婦人の新聞投稿欄「紅皿」集

ご飯をつくる時、買い物をする時…
60年前、日本の家庭には常に「戦争」があった。
それが普通という異常。

戦中戦後、彼女たちは何を見ていたのか。
昭和30年代の新聞の女性投稿欄から42編。

明日を今日より良い日にしたい。
覚悟に満ちた言葉の数々。


西日本新聞社/発行 定価(1400円)+税

■戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊

第二次世界大戦中、アメリカの図書館員たちは
全国から寄付された書籍を兵士に送る
図書運動を展開し、軍と出版界は新しい形態の
ペーパーバック「兵隊文庫」を発行して、あらゆる
ジャンルの本を世界の戦地に送り届けた。
その数、およそ一億四千万冊。

本のかたちを、そして社会を根底から変えた
史上最大の図書作戦の全貌とは。 
ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーの
絶賛を博したノンフィクションです。
「兵隊文庫」の全作品リスト付。

20160622214904071.jpg
モリー・グプティル・マニング/著 松尾恭子/訳
東京創元社/発行 定価(2500円)+税

■世界の果ての愛らしい子どもたち

ほっこりする写真集が届いておりまーす!


ピーター・ガットマン/著 齋藤慎子/訳
エクスナレッジ/発行 定価(1800円)+税

■心という難問 空間・身体・意味

私が見たり聞いたりしているこれは、本当に
世界そのものなのだろうか。
かつては誰も見通すことができなかった
知覚し感覚するという経験を
解き明かす、思考のドキュメント。


野矢茂樹/著
講談社/発行 定価(2400円)+税

■詩のトポス 人と場所をむすぶ漢詩の力

洛陽、長安、江戸・・・
詠まれたトポスから光を当てることで
李白や杜甫などの古典詩はいかに深く、広く
読めるのか? 注目の研究者が拓く
詩鑑賞の刺激に満ちた境地、全十章。


齋藤希史/著
平凡社/発行 定価(2600円)+税

■人工知能 人類最悪にして最後の発明

人工知能が人を超越したとき、人類を駆逐する―
Google、IBMが推し進め、
近年爆発的に進化している人工知能(AI)。
その「進化」がもたらすのは、果たして明るい
未来なのか? 楽観論、悲観論の双方を
徹底的に取材し、そのあまりにも恐ろしい予測が
全米で議論を巻き起こした禁断の書、日本上陸。


ジェイムズ・バラット/著 水谷淳/訳
ダイヤモンド社/発行 定価(2000円)+税

■きょうの花壇。

レモンティーツリーのお花が咲きました。


■ビジネスマナーの解剖図鑑

初歩から会議の運営、雑談力を高める方法まで
ビジネスマナーの基本をわかりやすいイラストで。


北條久美子/著
エクスナレッジ/発行 定価(1400円)+税

■にっぽんのかわいいタイル 昭和レトロ・モザイクタイル篇

おばあちゃんの家、銭湯、映画館、角の煙草屋…
昭和を彩ったなつかしいタイルの8割が
なんと4キロ四方の小さな町、
岐阜県多治見市笠原町で作られていました。
色とりどりのタイルを生み出した笠原町と
今も笠原タイルを貼った建物が残る
全国の街町を訪ねます。


加藤郁美/著
国書刊行会/発行 定価(2200円)+税

■アンティーク・シオンの小さなきせき

小学校高学年むけの、素敵な読み物が
入荷いたしました。

森の中のお店、アンティーク・シオン。
店のご主人シオンさんが世界各地で出会った
品物を売るお店です。ここで起こる、不思議で
心あたたまる6つのお話。物にはみな、持ち主
との忘れられない物語があるのです。


茂市久美子/作 黒井健/絵
学研プラス/発行 定価(1400円)+税

■日本美術のことばと絵 角川選書 

ことばや文芸、とりわけ和歌は美術に
どのように影響を及ぼしたか。

文字が絵の中に侵入する葦手絵や
色紙形が貼り交ぜられる書画屏風、宗達の
下絵に書かれる光悦の書など、
日本美術のことばとイメージの交響を描く。


玉蟲敏子/著
KADOKAWA/発行 定価(1800円)+税

■のぼろ vol.13

『のぼろ 夏号』入荷いたしました。


西日本新聞社/発行 定価(926円)+税

■辰巳芳子の野菜に習う

辰巳芳子さんの最新刊です。


辰巳芳子/著
マガジンハウス/発行 定価(2500円)+税

■よるのおさんぽ

かわいくて、やさしい絵で人気のイラストレーター、
デイヴィッド・ウォーカー最新刊が
入荷いたしました。

さあ、夜のおさんぽにでかけよう!
パパとママがねむったら、ひみつの時間が
はじまるよ。おやすみ前におすすめの絵本です。


リリー・ロスコウ/文 
デイヴィッド・ウォーカー/絵
岩崎書店/発行 定価(1200円)+税

■お休みのお知らせ

こんどの日曜日、18日は定休日です。
よろしくお願いいたします。


花壇のチェリーセージがだいぶ大きくなって
元気にお花を咲かせています。

20160616182001e99.jpg
紫陽花、真っ白で美しい!

■荒仏師運慶

自分にしか彫れぬ仏とは何か。
戦乱渦巻く時代に、美と祈りのはざまで
格闘し続けた天才のすべてを描く
渾身の歴史小説です。


梓澤要/著
新潮社/発行 定価(1800円)+税

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -