■2014年03月

■KIKI LOVE FASHION モデルKIKIのスタイルブック

人気モデルKIKIさん初の
ファッション&ライフスタイルブックが発売中です。
私服のコーディネートはもちろん、自宅のインテリアも。

978-4-8002-2251-0.jpg
定価1400円+税/宝島社

■桜は本当に美しいのか 欲望が生んだ文化装置

常々、ソメイヨシノってちょっとお花の分量が多すぎるのではないか、
開花で騒ぎ過ぎなんじゃないか、と思っていた
梅派のblog管理人としては気になる一冊、入荷いたしました。

記紀・万葉の昔から、王朝文学、能・歌舞伎、近代文学、現代短歌、
そして二一世紀の「桜ソング」まで―。
「桜は美しい」と感じるのは自然な情緒なのか、
そのように刷り込まれただけではないのか、
あえて誰も触れえなかったタブーに挑む。

978-4-582-85723-8.jpg
水原紫苑/著
定価860円+税/平凡社新書

■暮しの手帖 2014年4月号

今月の「暮しの手帖」。
「長尾流スープのもと」も「秘密の本棚」も良いけれど、何より震えたのが
佐藤雅彦さんの連載「考えの整とん」第44回
『全国の巻尺への疑惑を晴らしたい』。
メジャーって、そうだったのか!と目からウロコでございました。

kurate_2014_69.jpg
定価857円+税/暮しの手帖社

■花子とアン

31日からはじまるNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」は
「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の半生。
ということでエッセイなど関連本が入荷しはじめました。

20140324.jpg 978-4-10-211341-7.jpg

知ってるつもりで意外にちゃんと読んでいなかったりする「赤毛のアン」。
あらためて、この機会に読んでみませんか。

■異類の歌合

『鼠の草子』『十二類絵巻』――室町時代、文芸の世界では
鳥や獣、道具類に至るまで、人間と姿を異にする者たちが主人公となり、
歌を詠み合戦を繰り広げるなど、この世を謳歌していました。
なぜ、かくも多くの異類たちが中世日本に登場し、広く受容されたのか。
文学と美術の視座から人々に共有されていた機智や知識を見出し、
室町文化の意義を問う一冊です。

978-4-642-08526-7.jpg
齋藤真麻理/著
定価3800円+税/吉川弘文館

■だいおういかのいかたろう

大分県出身・在住のアーティスト2人組、ザ・キャビンカンパニー
による絵本。いかたろうのイカダンスを覚えたい方はこちらへ。


定価1200円+税/鈴木出版

■季刊のぼろ Vol.4 (2014春)

春号の特集は「あの花に出逢う山」。
山口県・十種(とくさ)ヶ峰のヤマシャクヤクが美しい!

978-4-8167-0883-1.jpg
定価926円+税/西日本新聞社

■悪についての試論

たまにはこんな本も載せてみましょう。

「フランス反省哲学」の思想潮流を継承し、リクールに多大な影響を
もたらした20世紀の知られざる哲学者ナベール。
その主著である本書(1955年刊行)は、きわめて晦渋で
屈折した文体ゆえ読者を限定する一方で、思想の歴史のなかでも
唯一無二の緊張と潜勢力をはらんだ独自の「悪」論をなしている。
訳者による「ナベール入門」ともいうべき、充実の解説および注を付す。

第一章 正当化できないもの
第二章 不純な原因性
第三章 罪
第四章 意識間の分離
第五章 正当化〔義認〕へのアプローチ

978-4-588-01007-1.jpg
定価3200円+税/法政大学出版局

■秘密 (上)

おかしいなー、(上)しか入荷してない。
(下)も一緒に注文したはずなのに・・・。急いで発注しよう。

140311_100942 (480x640)

■皿の中に、イタリア

内田洋子さんの新刊、入荷いたしました。
今回はイタリアの食と人を巡るエッセイ。

内田さんのエッセイは「ジーノの家」「イタリアの引き出し」
「カテリーナの旅支度」も、
とてもおもしろかったので、今回も素敵なんだろうなぁと
期待しています。おすすめです!

140311_103235 (640x480)
内田洋子/著
定価1600円+税/講談社

■有元葉子の予約のとれない料理教室 vol.1

募集と同時に予約がいっぱいになるという
有元葉子さんの料理教室が本になりました。

教室で人気の高かった70品が
「和食」「お弁当」「イタリアンパーティー」など
季節に合わせたテーマで構成されています。

978-4-8002-2404-0.jpg
定価1450円+税/宝島社

■PAPER BOOK

ページを切りとって自由に使える「PAPER BOOK」が入荷いたしました。
テキスタイルブランド「SOU・SOU」の柄と
図案デザイナー・セキユリヲが北欧をテーマに描いた柄の2冊。
折り紙、封筒、モビール・・・アイデア次第でいろいろ楽しめそうです!

978-4-7562-4473-4.jpg  978-4-7562-4472-7.jpg
定価(各)1600円+税/パイインターナショナル

■ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問-穴からのぞく大学講義

「ドーナツを穴だけ残して食べる方法とは?」
という学生たちの素朴な問いに、文理を問わず多彩な研究分野の
大阪大学教員たちが挑む!

常識を疑い、当たり前を覆すのが学問の醍醐味。
ドーナツの穴から広がる奥深い知の世界に踏み込んだ
アカデミックでユニークな回答が満載の1冊。

978-4-87259-470-6.jpg
大阪大学ショセキカプロジェクト/編
定価1500円+税/大阪大学出版会

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -