■2012年12月

■新年を迎える準備ができました。

29日、30日の二日かけてお正月のお花を生けました。

入口には、松、南天、菊など。大きく生けるのは難しい・・・
松は親戚のおじさんが山で採って来てくれたので
ワイルドな枝振り!松ぼっくりもついています。

IMG_2050 (480x640)
続きを読む >>

■年末年始のごあんない

年内は休まず営業いたしますが
12月31日はいつもより少し早い午後6時ごろ閉店の予定です。

1月1日・2日 休業

1月3日は朝9時ごろ開店 午後6時ごろ閉店の予定。

1月4日からは通常通り営業いたします。

■住む。 2013年2月号

特集:手間ひまかけて、家づくり。
長田弘、三谷龍二の連載も毎号の楽しみ。


住む。 2013年2月号
定価1200円(税込)/農山漁村文化協会
当店在庫
あり

■富士日記

トラックをキャンピングカーに改造し、富士山の撮影に
年300日は費やしてきた山下茂樹の
膨大な作品から厳選された写真集です。

32859480.jpg
富士日記 山下茂樹富士山写真集
山下茂樹/著
定価2940円(税込)/求龍堂
当店在庫あり

■ユリイカ 1月臨時増刊号

総特集*百人一首 三十一文字にこめられた想い

和歌という表現の魅力の根源を探り、百人一首が歩んできた歴史と
その成立から和歌に込められた精神性を見出し、
なにより現在まで続く、文化としての百人一首の魅力を紹介する。
いまなお読まれ続ける百人一首を愛好するすべての人、
これから百人一首について知りたいと思っている
多くの人にとって必読の特集です。

978-4-7917-0248-0.jpg
ユリイカ 1月臨時増刊号
定価1500円(税込)/青土社
当店在庫あり

■地球を聴く 3・11後をめぐる対話

人類はようやく「幼年期」を脱する兆しを見つけたのかもしれない。
花が咲き木が育つという当たり前の現象に奇跡を見いだそう。
音楽家と人類学者が地球文明の未来を語り合う。


978-4-532-16853-7.jpg
地球を聴く 3・11後をめぐる対話
坂本龍一/著 竹村真一/著
定価1680円(税込)/日本経済新聞出版社
当店在庫あり

■さよならのあとで

きのうは、東京で夏葉社(なつはしゃ)という出版社を
ひとりで経営されている島田潤一郎さんがいらっしゃいました。
新刊 『冬の本』 の事や、いろいろなお話をさせていただき、
素敵なプレゼントまでいただいてしまいました。
↓こちらです。

IMG_1992 (800x592)

夏葉社の本 『さよならのあとで』 の装画として描かれた、
イラストレーター/絵本作家、高橋和枝さんのイラスト。

写真ではちょっとわかりづらいですが、
男の子と、シェルティかコリーのような犬の絵です。
すごく、すごく、かわいい。

今年、16年飼っていた犬を亡くしたblog管理人に
島田さんが選んでくださった絵。
犬種をお話したことはありませんでしたが
偶然にもその犬はシェルティのミックス犬でした。
その前に飼っていた犬はシェルティでした。

宝ものをいただきました。



数年前に、親友でもあった従兄を亡くして
悲しみに暮れる島田さんを慰めたイギリスの追悼詩
“death is nothing at all”。

この詩を日本語で刊行するために
島田さんは夏葉社を立ち上げ、長い時間をかけて一冊の本を作りました。
それが 『さよならのあとで』 です。

死別の悲しみを癒す、やさしい詩とイラスト。
ぜひ手に取ってご覧ください。本のサイズや質感までやさしいと思います。

夏葉社のサイトはこちら

sayonaranoatode.jpg
さよならのあとで
ヘンリー・スコット・ホランド/詩
高橋和枝/絵
定価1365円(税込)/夏葉社
当店在庫あり

ちなみに、ちょっと自慢させていただきますと
大分県内で夏葉社さんの本を置いているのは、当店だけでございます!
(以前はもう一店あったそうですが現在の状況は不明とのこと)

■アンティークスタミゼ・スクラップブック

東京・恵比寿のアンティークショップ
アンティークスタミゼ の本が入荷いたしました。
表紙になっているのは紙でできた家。
こんな感じの色合いの、佇まいの、古道具がたくさん。

32849970.jpg
アンティークスタミゼ・スクラップブック
吉田昌太郎/著
定価2100円(税込)/筑摩書房
当店在庫あり

■和風総本家十代目豆助オフィシャルフォトブック

テレビ東京『和風総本家』のマスコット犬「豆助」
のフォトブックが入荷しています!やっぱりものすごくかわいいです!
放送ではオープニングとCM前の数秒しか登場しないので
「もっと見せて~!」と思っていた方も多いのでは?

32855238.jpg
和風総本家十代目豆助オフィシャルフォトブック
定価1260円(税込)/新紀元社
当店在庫あり

■伝統建具の種類と製作技法

建具の歴史、種類、道具のすべてがわかる
という一冊が入荷いたしました。

複雑な形の鉋や鑿など、
素人目にはどうやって使うのかよくわからない道具も
たくさん載っています。このマニアックさが楽しい!

32852862.jpg
伝統建具の種類と製作技法
大工道具研究会/編
定価3360円(税込)/誠文堂新光社
当店在庫あり

■雲のうえのしたで

北九州市が発行する情報誌 『雲のうえ』
応援するファンの方たちがファンクラブ会報として作った
フリーペーパー『雲のうえのしたで 第1号』
当店のレジカウンター下のラックに設置しております。
みなさまご自由にお持ち帰りください。

北九州の素敵なお店が紹介されていて楽しいですし
フリーペーパーの折り方が、さり気なくおしゃれなのです。
IMG_1917.jpg

なぜ北九州の情報誌のファンクラブ会報が
当店にあるのかと申しますと、『雲のうえのしたで』 の発行に
関わっておられる古書城田さんのお母様が
佐伯出身ということからのご縁でございます。

■てんてん

“かな”を濁った音にする「てんてん」は、
近代に発明された記号なのだそうです。では、「てんてん」は
いつ生まれたのか。濁点発明の真相に迫る一冊です。



『古事記』 『万葉集』など万葉仮名で書かれた日本語には、
濁音で始まる言葉はほとんどなく、江戸の人々は、「てんてん」が
つかない文章でも、状況に応じて濁る・濁らないを判断していた。
学問の神様・菅原道真に隠された仮名発明の謎。
「てんてん」で濁点を表すことができなかった親鸞は
どうやって「南無阿弥陀仏」を人に伝えたのか。
日本語から「歴史」をあぶりだすダイナミックな日本語論。

978-4-04-703500-3.jpg
てんてん 日本語究極の謎に迫る
山口謠司/著
定価1575(税込)/角川学芸出版
当店在庫あり

■今日もいち日、ぶじ日記

きちんと食べさえすれば大丈夫――。
料理家・高山なおみさんが綴る 「日日是好日」。

32847044.jpg
今日もいち日、ぶじ日記
高山なおみ/著
定価1575円(税込)/新潮社
当店在庫あり

■かわいい刺繍の本

ハンガリーとメキシコ。
2つの国のかわいい刺繍の本が入荷しています。
ハンガリーは草花の図案。
メキシコは動物やお花や幾何学模様。
どちらも素朴でかわいいです。

 32844285.jpg
可愛いハンガリー刺しゅう 
はじめてでも楽しめる伝統ある手仕事

筒井はるみ/著
定価1575円(税込)/河出書房新社
当店在庫あり

メキシコの刺繍
キュートな図案の宝庫かわいい手仕事を訪ねて

小澤典代/著
定価1680円(税込)/誠文堂新光社
当店在庫あり

■ふでばこ 26号

筆や化粧ブラシの老舗メーカー「白鳳堂」が発行している
雑誌 『ふでばこ』 。当店では今回初めて仕入れてみました。
今号は道具屋さんの特集です。
いい感じの骨董屋さんや
西洋アンティークのお店が紹介されています。

32845397.jpg
ふでばこ 道具とものづくりから暮らしを考える 
26号(2012AUTUMN)

定価1890円(税込)/白鳳堂
当店在庫あり

■12月25日の怪物

クリスマス関連書。絵本意外にこんな本も。
サンタクロースの素顔に迫る旅ノンフィクションです。

クリスマスに子供たちにプレゼントをくれる、
サンタクロースという存在。しかし、そのルーツをたどると、
そこには想像を絶する“異形の怪物”の姿があった―。
「物語を旅する」異能の探検家が、サンタのルーツを求めて
トルコ、イタリア、オランダ、アメリカ、フィンランド、
オーストリア、日本、中国を訪ね、サンタの知られざる素顔と
日本人にとってのサンタの意味を解き明かしていく。


12月25日の怪物 
謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて

高橋大輔/著
定価1680円(税込)/草思社
当店在庫あり

■e-honでのご注文

当店は全国書店ネットワークe-honに加盟しています。
e-honでご注文いただいた商品は
当店にて送料無料でお受け取りになれます。
(配達対応地域には無料配達もいたします)

注文から入荷までの日数は通常4日~5日。
好きな作家やシリーズの新刊情報が届く「新刊パトロール」
のサービスも大変便利です。
もちろん会員登録も無料。どうぞご利用ください。

会員登録はこちらからどうぞ!

■一四一七年、その一冊がすべてを変えた

2011年度全米図書賞、
2012年度ピューリッツァー賞受賞の話題作、入荷いたしました。

15世紀のイタリアのブックハンター ポッジョ・ブラッチョリーニが
再発見した、写本をめぐる壮大な歴史物語です。

ローマ教皇ヨハネス23世の下で、秘書官・書記として
仕えていたポッジョは、文字を筆写できる当時としては
数少ない人間のひとりだったが、教皇が退位するにあたり失職。
自らの興味の赴くままに、南ドイツの修道院を訪れたポッジョは
紀元前の詩人ルクレティウスの『物の本質について』を発見する。
ルネサンスや近代の科学を先取りする思想が、数千年も前に
すでに書かれていたことを知り、ポッジョはこの書物を
広めることを決意する……

ルネサンスの引き金となった一冊の本をめぐる
ひとりの男の旅の遍歴と、その後の影響を描く。


一四一七年、その一冊がすべてを変えた
スティーヴン・グリーンブラット/著 河野純治/訳
定価2310円(税込)/柏書房
当店在庫あり

■本のご注文

タイトル、著者、または「このテレビで紹介されていた」など
わかる範囲でご連絡ください。可能な限りお調べいたします。

・TEL 0972-22-0146
・FAX 0972-24-2946
・メール seikodo@lily.ocn.ne.jp
店頭に在庫がない商品も、通常4日~5日でお取り寄せいたします。

■Choice (チョイス) 2013年1月号

ゴルフの雑誌です。
blog管理人、ゴルフのこと全然わかりませんが
表紙の絵がかわいいので載せてみます。

49100622901330090512.jpg
Choice (チョイス) 2013年1月号
定価950円(税込)/ゴルフダイジェスト社
当店在庫あり

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -