■2010年07月

■ブルーアイス パタゴニアの氷河から 

毎日猛暑が続いていますが、きょうは見るだけで涼しくなる本が
入荷いたしました。

「ブルーアイス パタゴニアの氷河から」
特に美しいことで知られる南米・パタゴニアの氷河の写真集です。

本を開いたとたんにスーッと涼しい空気を感じます。
巻末にはメッセージ欄が付いていますので、贈り物にも。

550040.png
ブルーアイス パタゴニアの氷河から 
生田理和/著
定価1365円(税込)/山と渓谷社
当店在庫あり

■壁面のフレームを替えました。

フレームの配置はそのままなのですが
中の文庫を入れ替えました。

10_07_24_021.jpg   10_07_24_ 020



こちらのフレームは先日替えたばかりでしたが
また替えました。

10_07_24_ 024    10_07_24_ 023



花壇のバラも、春ほどの勢いはありませんが
少しずつ咲き続けています。

10_07_24_027.jpg

■ウメップ

本日 梅佳代の新作 「ウメップ」 が入荷いたしました。

木村伊兵衛写真賞を受賞したデビュー作 『うめめ』、
『男子』、『じいちゃんさま』 につづく2年ぶりの新作写真集。

梅佳代さん独特の路上でのスナップ写真は
どうしようもなくおかしくて、格好わるくて、吹き出してしまうけど、
ちょっと健気だったりもする...
そんな梅佳代ワールドがこの作品でも炸裂しています!

9784898152928l.jpg
ウメップ
梅佳代/著
定価2100円/リトルモア
当店在庫あり

■BURUTUS 2010/8/1号

きょう7月17日にスタジオジブリのアニメ映画最新作
『借りぐらしのアリエッティ』 が公開されますが
雑誌 「ブルータス」 最新号もスタジオジブリの大特集です。

表紙と18~19ページに掲載されているアリエッティの絵は
米林宏昌監督がブルータス用に描いた完全書下ろし!

長編初監督となった米林監督の奮闘紀や
ジブリの会社案内、
さらに宮崎駿監督の仕事場撮り下ろしとインタビュー。
撮影は篠山紀信という豪華さです。

49102775108040057110.jpg
BRUTUS 2010/8/1
定価600円(税込)/マガジンハウス
当店在庫あり

■Hutte (ヒュッテ)vol.1

ちかごろ、女性向けのアウトドア雑誌が人気です。
ランドネはムックから月刊誌になりましたし
モンタニュというムックも登場。
アウトドア誌BE-PALからも増刊号 falo(ファーロ)が出ています。

トレッキングや登山やキャンプの情報だけでなく
おしゃれなアウトドア・ファッションや
野外フェスの楽しみ方が載っていたりするので
若い女性たちに支持されているようです。

そして、山といえばこの出版社・・・山と渓谷社からも
アウトドア誌の登場です。タイトルの「ヒュッテ」は
〔登山者の宿泊・休憩などのために作られた山小屋〕という意味だとか。

表紙も中身も、先にご紹介したアウトドア誌より
ちょっと甘さ控えめで、より自然派な感じ。
第1号の特集は〔アルプス〕。 おすすめです。

hutte.jpg
Hutte (ヒュッテ)vol.1
定価840円(税込)/山と渓谷社
当店在庫あり

■七つめの絵の具

『ルリユールおじさん』 など、優れた絵本を作り続けている
絵本作家/画家、いせひでこ のエッセイ集
「七つめの絵の具」 が入荷いたしました。

いせさんの20年間の文章がこの一冊に。

nanatume.jpg
七つめの絵の具
いせひでこ/著
定価1470円(税込)/平凡社
当店在庫あり

■速報!

佐伯市蒲江出身の作家
小野正嗣さんの新刊 「浦からマグノリアの庭へ」
白水社より、2010年8月に発売予定!

ただいまご予約を受付中です。
ご予約はこちらまで・・・TEL 0972-22-0146  FAX 0972-24-2946
メールの場合は画面左カテゴリの 『本のご注文』 ページからお願いします。

<予定税込価格 2310円>
はっきりした発売日がわかり次第またお知らせいたします。

: :: : ::: : :: :: : ::: :: : ::

美しく咲くマグノリアの大きな庭で、僕は故郷についての小説を書き始めた――
ブリリアントな作品で注目を集める作家・小野正嗣が初めて贈る
待望の「自伝的エッセイ+文学論」集成!


小野正嗣 (オノ マサツグ) 作家 仏語文学研究者 
明治学院大学文学部専任講師
1970年佐伯市蒲江に生まれる。鶴城高等学校、
東京大学教養学部比較日本文化論専攻卒業、
同大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。
01年「水に埋もれる墓」で第12回朝日新人文学賞受賞。
02年「にぎやかな湾に背負われた船」で第15回三島由紀夫賞受賞。
03年「水死人の帰還」で第128回芥川賞候補。08年「マイクロバス」で
第139回芥川賞候補。09年「線路と川と母のまじわるところ」発表。

■プリティ・イン・ピンク

とってもかわいい本が入荷いたしました。
写真家のボブ・エルスデールが創った本、
「プリティ・イン・ピンク 女の子って素敵!」 です。

写真家のボブさんが、ピンクのセットで、ピンクの子ブタを被写体に
創り上げたキュートな世界で
女の子の素敵な訳を解き明かす、“女の子万歳!” な写真集。

どんなにかわいいかは、この写真を見ていただければ説明不要ですね。
上品な色合いのピンクが子ブタにぴったり...!
pink_1.jpg  pink_2.jpg
各ページに1行の短いメッセージが添えられています。

31945406.jpg
プリティ・イン・ピンク 女の子って素敵! 
ボブ・エルスデール/著
定価2100円(税込)/グラフィック社
当店在庫あり

■地上の見知らぬ少年

次回の 『NHK週刊ブックレビュー』
ノーベル賞作家 J.M.G.ル・クレジオの著書 
「地上の見知らぬ少年」 が紹介されます。
書評する人はミュージシャンの曽我部恵一さん。

j_m_g_.jpg
地上の見知らぬ少年
J.M.G.ル・クレジオ/著
定価2940円(税込)/河出書房新社
在庫あり


“海、空、大地、樹木、草花、動物などの
あるがままの美しさが描かれている”
 とのこと...
ちょっと難しそうですが、blog管理人も読んでみたいなと思っている作品です。

ちょうど当店にも在庫がございますので
お知らせいたしました。

■芸術新潮 7月号

今月の「芸術新潮」の特集は、“生まれかわるオルセー美術館”です。

この2、3ヶ月のあいだ、たくさんの雑誌が
東京で開催中の 『オルセー美術館展』 を特集していましたが
正直、“印象派の基礎知識” 的な記事が多いようでした...

でも 「芸術新潮」 は大改装中のオルセーを一足早くレポート。
オルセー所属の消防士やスタッフの仕事ぶりなども紹介されて
かなり興味深い内容になっております。

たとえば、壁の色をガラッと変えたルノワールの展示。
改装前と後の写真が載っているので
作品の見え方の違いがよくわかります。(これがすごいのです!)

閉館後に撮られた写真では
彫刻がひと休みしているみたいで、普段とは違う美しさ。

超有名作品以外も多数掲載。おすすめです!

g_sintyou_1007.jpg
芸術新潮 2010年7月号
定価1600円(税込)/新潮社
在庫あり

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31