■2010年03月

■ヴィクトリア朝の寝椅子

新人物往来社より 20世紀イギリス小説個性派コレクション
の刊行が始まりました。

現代小説でもなく、名作・古典でもない、
今まであまり読む機会がなかった20世紀前半イギリスの
とびきり面白い小説を紹介していくシリーズです。

その第一弾が 「ヴィクトリア朝の寝椅子」

9784404038326.jpg
 マーガニータ・ラスキ著/定価2100円(税込) 在庫あり

出版社のサイトを見ると

幸せな生活に満足していたメラニー。ある日、骨董屋で買った
ヴィクトリア時代の寝椅子でうたた寝し目覚めると、
1800年代にタイムスリップし
寝椅子の元の持ち主であるミリーという女性になってしまっていた……。


という、なんとも可愛らしいあらすじが掲載されていて
blog管理人は興味津々です!

■味写入門

きょうの一冊は入荷したての 「味写入門」 です。

aji_sya.jpg 天久聖一・著 定価1050円(税込)/アスペクト 在庫あり

味写(アジシャ) とは、味のある失敗写真のこと。
デジカメ登場以前、現像に出すまでどんな写真が撮れているか
確認できなかった時代には、必ず失敗写真が混ざっていたものでした…

 ・知らないあいだにへんなものが写っていた
 ・なぜ撮ったのかまったく意図がわからない……

そんな失敗写真も見方を変えれば
シュールで笑える ”奇跡の一枚” に大変身!

というコンセプトで『ほぼ日刊イトイ新聞』に連載された
「味写入門」。
その中から選りすぐりの写真をまとめたのがこの本です。

本当に、なぜこの状況で?なぜこの構図で?という写真が満載。
・・・・これは笑えます!


■さくらにほへと

きょうは、桜の季節にぴったりの本
「京都花の縁 さくらにほへと」 をご紹介します。

京都・嵯峨野の造園業「植藤」の16代目で
“桜守”としても知られる佐野藤右衛門さんを中心に
京都で活動する芸術家たちがさくらの美しさを伝えます。 

sakura_2.jpg  定価2940円(税込)/講談社 在庫あり

藤右衛門さんの庭で出た木切れは、薪として“おくどさん”で
燃やされ、その灰は染色家・志村ふくみさんが染色に使う灰汁になり
灰汁をとった後に残る灰は陶芸家・小松華功さんが釉薬として
使っているそうで、まさに花の縁。3人の対談も収録されています。
続きを読む >>

■チューリップが咲きました。

花壇のチューリップが咲きました。

原種なので、普通のチューリップよりもかなり丈が低くて
茎も細く、全体にコンパクトでかわいいです!

  10_03_22_ 002    10_03_22_ 008

■本棚の上を少し変えました

教科書販売が始まる前に、ちょっと変えてみました。
黒い物体は幻灯機という物らしいです。
スライドみたいなものでしょうか?
ネットで調べてみましたが、同じ型のは見当たらないのです。

右の本は、
blog管理人のお気に入り 「彼女のいる背表紙」(堀江敏幸・著)です。
表紙のモノクロ写真も著者による撮影。

10_03_13_ 030

■日本の色 世界の色

新しい、色の名前事典が出ました。
「日本の色 世界の色 ― 写真でひもとく487色の名前― です。

32382426.jpg 定価2100円(税込)/ナツメ社 在庫あり

蘇芳 東雲 浅緋 猩々緋 鳶 根岸 赤朽葉 海松...
これみんな色の名前です。さてどんな色でしょう?

バーミリオン アガット コチニール カージナル...
こちらは全部レッド系の色名。違い、分かりますか?

続きを読む >>

■岸辺の旅

酒井駒子とのコンビで高く評価された絵本 『 くまとやまねこ 』 の著者
湯本香樹実の初の長編小説 「岸辺の旅」 が発売中です。

kisibe.jpg
定価1260円(税込)/文芸春秋 在庫あり

3年間失踪中の夫がある夜ふいに帰ってくる。
ただしその身は海底で蟹(かに)に喰われたという。
彼とともに死後の軌跡をたどる妻...

哀しく深いゴースト・ストーリー。

■テーブルコーナー

先週から高校の教科書販売が始まっています。
毎日バタバタしておりまして、ブログの更新をさぼってしまいました。

10_03_17_ 008


テーブルコーナーは日当たりが良くて、ポカポカ温かくて、
とても気持ちよく本が読めます。
みなさまご利用くださいね。特に午前中がおすすめです!

■この春、鶴城高校に入学予定のみなさまへ

合格おめでとうございます。

当店では本日より、
・鶴城高校指定/推薦の辞典 
・感想文課題図書 を販売しております。

詳しくは 続きを読む をご覧ください。
続きを読む >>

■ビジュアルブック 骨

ニュートンムックより、骨格がもつ機能美と進化に迫るビジュアルブック
「骨 ―骨格から探る生き物のふしぎ―」 が発売中です!

hone.jpg 定価2940円(税込)/ニュートンプレス 在庫あり

自然界には、私たちヒトのような内骨格の生物と 
カニやエビのような外骨格の生物が存在する。
骨はどのように体をささえているのでしょうか?

ヒト、イヌ、クジラから、恐竜、アンモナイトまで
骨のもつさまざまな情報から生態や進化を探ります。
続きを読む >>

■ロスト・シンボル

ダン・ブラウン最新作!! 『ダ・ヴィンチ・コード』 『天使と悪魔』 に続く
ラングドン・シリーズ 第3弾
「ロスト・シンボル (上) (下)」 本日入荷いたしました。

lost_ 004 
ダン・ブラウン/著  上・下巻 定価 各1890円(税込) 在庫あり 

キリストの聖杯を巡る事件から数年後。
大学での静かな生活を送っていたラングドンに
旧友でフリーメイソン最高幹部のピーターから連絡が入る。
急遽講演を頼みたいという。会場の連邦議会議事堂に駆けつけるが
そこでラングドンを待ち受けていたのは、切断されたピーターの右手首だった・・・・


ヴァチカンの闇を暴いた 『天使と悪魔』、
キリストの秘密を描いた 『ダ・ヴィンチ・コード』
そして今作の謎は世界最大の秘密結社 「フリーメイソン」...

いったん読み始めると止まらないラングドン・シリーズ。
blog管理人は前2作、他に読みかけの本があるのに・・・と気になりつつ
やっぱり一気に読んでしまいました。多分そういう方、多いのでは?

今作もたっぷり上・下巻、ご堪能ください!

■菱餅をいただきました。

おひなさまの写真は一昨日もアップしましたが
きのう、あるお客様が手作りの菱餅を持って来て
くださいましたので再びアップです。

本当に小さくてかわいい菱餅で、横幅が5㎝くらいなんですよ。

10_03_03_ 012  10_03_03_ 017

菜の花もいただきました。
種から育てたのだそうです!お店の中が春らしくなりました。

■銀花、最終号

1970年の創刊以来、大変に質の高い美術、工芸や
その作家たちを掲載してきた雑誌 「季刊 銀花」 が残念ながら
現在発売中の161号で休刊となります。

ginka.jpg
季刊 銀花 定価1600円(税込)/文化出版局 在庫あり

今号も木版画、切り絵、木彫り人形、有田焼、編み物など
いい物、興味深い物がたくさん載っているのに
これで見納めとは、本当に惜しいです。

銀花サイトに特集ページの一部の画像がアップされていましたので
いくつかピックアップしました。続きを読む からご覧ください。
続きを読む >>

■おひなさま

きょうから3月。
店内にはお雛さまを飾っています。

10_02_28_ 002

いっしょにディスプレイしている絵本は
「のはらの ひなまつり」です。

主人公の女の子がいろ紙でおひなさまを作っていると
窓から強い風が。吹き飛ばされたおひなさまを追いかけていくと
たんぽぽの野原で動物たちがおひなまつりをしています・・・

01250828.jpg 金の星社/定価1890円((税込) 在庫あり
作者は神沢利子さん。
『くまの子ウーフ』 などで知られる日本の代表的な児童文学者です。

絵は岩村和郎さん。
ねずみの家族を描いたロングセラー絵本 『14ひきシリーズ』 の作者です。
この絵のタッチに見覚えのある方は多いのではないでしょうか。

巻末にはタンポポのお雛さまの作り方も載っています。

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QRコード

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -