• 村上春樹 最新刊 本日入荷いたしました!『象の消滅』に続いてニューヨークで編まれた著者自選短篇集。粒ぞろいの24篇を、英語版と同じ作品構成・シンプルな造本でお届けします。「野球場」(1984年発表)の作中小説を、実際の作品として書き上げた衝撃的な短篇「蟹」、短篇と長篇の愉しみを語ったイントロダクションなど、本邦初公開の話題が満載です!「めくらやなぎと眠る女」 村上春樹/著 新潮社/定価1470円(税込) 在庫... 続きを読む
  • 『風のガーデン』 の本など、ガーデニング関連書を多く発行している出版社、エフジー武蔵の新刊 「あの人の庭から」。各界で活躍する12人がプライベートな庭を大公開しました。 定価1575円(税込) 在庫あり浜内千波 (料理研究家)ユキ・パリス (キュレーター/刺繍作家)田中宥久子 (ビューティ・アーティザン)北村光世 (ハーブ研究家)こぐれひでこ (イラストレーター)假屋崎省吾 (華道家) 長野修平 (ネイチャークラフト作家... 続きを読む
  • 2008年、92歳で亡くなったアメリカの絵本作家ターシャ・テューダーの新刊が2点入荷いたしました。ひとつは 「ターシャからの手紙」。長年の親友であり、担当編集者でもあったアン・K・ベネデュースにターシャが送った手紙と、ふたりの思い出の数々を一冊にまとめた本です。 メディアファクトリー/定価2940円(税込) 在庫あり表紙の色合いはちょっと地味ですし日本で絵本以上にターシャを有名にしたガーデンの写真は入っていません... 続きを読む
  • きょうは 「薪ストーブの本 vol.5」 が入荷いたしました。「炎を楽しむ暮らし方がよくわかる完全保存版」です。日本各地のお宅の薪ストーブ・ライフを紹介するページから始まり、設置方法や使い方、メンテナンスはもちろん、ダッチオーブンを使ったストーブ・クッキングも楽しそう。後半は上手に火をつけるための薪の種類と順番 の解説や全国薪ショップガイド など、コアな情報も満載。実際に薪ストーブのあるお宅は滅多に無いと... 続きを読む
  • きょうは少し古い本、辻邦生・著 「春の戴冠 1巻~4巻」 をご紹介します。「春の戴冠」 は画家ボッティチェリの“友人”の目を通してルネサンス期のフィレンツェの繁栄と衰退、画家が名作を完成させる過程やメディチ家との関係を描いた歴史小説。全4巻で、一冊一冊も厚いので気軽には読み始められないかもしれませんがblog管理人は、はまってしまいました。ルネサンスの雰囲気にどっぷり浸れる一冊、読み応えのある作品をお探しの... 続きを読む
  • きのう 「壁の本」 の記事を書いたあとでお散歩に行きましたらこんなのが目に付きました。... 続きを読む
  • きょうの一冊は 「壁の本」 です。 洋泉社/定価1680(税込)在庫あり剥がれた塗装や傷、錆びやヒビ割れ、複雑にからんだ配管、張り付いた植物・・・そんな壁を撮り続けている写真家・杉浦貴美子による初の壁写真集です。表面の塗装が劣化して下の塗装が出てきた壁など本当にいい具合に味が出て、抽象画みたいだったりポロックの絵のようだったりします。ちなみにblog管理人のお気に入りは83ページの“塗り残し”です。... 続きを読む
  • 花壇に新しく植えたバラのお花が咲きました。いい香りです。... 続きを読む
  • きょうは新刊の旅行ガイドがいくつか入荷しました。その中の一冊が、「なんと愉快な奈良の本」。タイトルと表紙からして愉快ですが、中身も楽しくて柴犬(たぶん)のチロが路地を案内しています。もちろん美味しい物、素敵なおみやげもたくさん。よくあるガイドブックのようにごちゃごちゃしてませんし写真もきれいですから、おススメです。 京阪神エルマガジン社/定価780円(税込) 在庫あり... 続きを読む
  • モーリス・センダックの絵本 「かいじゅうたちのいるところ」 が実写映画化されました。監督はあの 『マルコヴィッチの穴』 のスパイク・ジョーンズということで、ただの子供向け映画ではなさそうな予感。1963年に発表された 「かいじゅうたちのいるところ」 は翌年、絵本画家に贈られるアメリカの文学賞 〔コルデット賞〕 を受賞。子供の内面のドラマをみごとに描き、今世紀最高の絵本とも言われ、現在までに世界で約2000万部、... 続きを読む
  • きょうは新刊ではないのですが、おもしろい辞典があったのでご紹介します。「句読点、記号・符号活用辞典。」 タイトルどおり、記号だけの辞典です。 小学館/定価2310円(税込) 在庫ありたとえば括弧。パソコンでカッコと入力して変換すると 【 】 ≪ ≫ ( ) { } 〔 〕 [ ] などたくさんの種類が出てきますがそれぞれに名前があるなんて、Blog管理人は知りませんでした。みんな、ただのカッコだと思ってました・・・... 続きを読む
  • 先日お知らせしました色鉛筆画教室 Atelier peace branch グループ展いよいよ今日から始まりました!日曜日まで、図書館2階です。どうぞお出かけくださいませ。詳細は こちら または Atelier peace branch Webサイトでご確認いただけます。... 続きを読む
  • 透明標本作家・冨田伊織さんの写真集「新世界透明標本」 本日入荷いたしました。blog管理人は “標本作家” という職業があることを今日はじめて知りました。しかも冨田さんの作品は透明! 小学館/定価1575円(税込)在庫あり透明標本とは、特殊な薬品につけ筋肉を透明化し、軟骨を青く、硬骨を赤く染色することで壊れそうなほど細い骨でも生物が生きていたときの位置のまま立体的にその骨格を観察できるのだそうです。骨格観察に... 続きを読む
  • 「25歳の補習授業 学校で教わらなかったこれからいちばん大切なこと」入荷いたしました。池上彰・糸井重里・太田光・姜尚中・福岡伸一・養老孟司・渡邊美樹という豪華講師陣が現代人を救う各分野における思考法を真摯に教授する、地球でいちばん受けたい授業です。  小学館/定価1050円(税込) 在庫あり... 続きを読む

根木青紅堂

営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp

検索フォーム

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

根木青紅堂

Author:根木青紅堂
営業時間
〈月~土曜〉8:00~19:30
〈日曜〉9:00~18:00
定休日:第三日曜日

TEL 0972-22-0146
FAX 0972-24-2946
seikodo@lily.ocn.ne.jp